20代にデータサイエンティストがおすすめな理由

understand

20代にデータサイエンティストがおすすめな理由

本記事では20代のキャリア形成に考えるべきことについて説明した上で、データサイエンティストがおすすめの理由を解説していきます。
新卒で就職した企業が想像していたものと違ったり、今後のキャリア形成を考えずに企業に就職したなど20代前半では自身のキャリアについて深く考えていない方々も一定数いらっしゃると思います。
今回は昨今の日本の雇用環境の変化に言及しながら、今後のどのような人材が必要となるかなど、自身のキャリアを検討するにあたり有用となる情報をまとめていきます。

日本の雇用環境の変化

近年では日本の雇用環境が大きく変化しており、求められている人材も変わってきています。
背景には日本経済の衰退・少子高齢化・ビジネスモデルの変化などが様々あり、これらの要因が日本の終身雇用制度の衰退や転職市場の活性化につながっています。近年では大企業でもジョブ型雇用制度を導入が進んでおり、各企業が求めている人材が大きく変化していることを裏付けています。

終身雇用制度の崩壊

終身雇用制度とは正社員として採用した人材を定年まで雇用し続ける制度を指します。
これは日本の経営の特徴的な制度として上げられますが、この終身雇用制度は崩壊に向かっていると考えられています。
2019年4月に経団連の中西宏明会長が「企業が終身雇用を続けていくのは難しい」と言及したことや、2019年5月に、トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用の維持は難しい」と発言したことで社会的に問題視されるようになりました。

終身雇用制度の崩壊については導入までとさせていただき、より詳しい背景を知りたい方は下記の記事を参照してください。

「終身雇用見直し」だけではない経団連会長発言の真意。人材入れ替え「ジョブ型」への野心”(Business Insider Japan)

https://www.businessinsider.jp/post-192329

トヨタ社長「終身雇用を守れない」発言に大騒ぎするメディアへの違和感。そんなにネガティブなことなのか”(Business Insider Japan)

https://www.businessinsider.jp/post-191839?itm_source=article_link&itm_campaign=/post-192329&itm_content=https://www.businessinsider.jp/post-191839

ジョブ型雇用の導入

上記のような背景を受けて、近年では大企業を中心に「ジョブ型雇用」の導入が進められています。「ジョブ型雇用」の概要は下記図を参照してください。なお、従来までの雇用形態を「メンバーシップ型雇用」と呼びます。

ジョブ型雇用の特徴

ジョブ型雇用の特徴

「ジョブ型雇用」の最大の特徴は職務が定義されてから、その職務に合わせて人材を割り当てる点です。職務が先に定義されていることから、その職務に対する人材配置・評価が実施されます。

従来のメンバーシップ型雇用と比較して、専門的な人材が確保しやすくなるため、事業を進めるために必要な人材を確保しやすくなります。

ジョブ型雇用のメリット・デメリット(企業目線)

ジョブ型雇用 企業目線でのメリット・デメリット

メリット
企業目線での最大のメリットは専門性が高く、即戦力の人材を確保できることです。自社では育たない人材を確保することが容易になり、新たな事業領域を立ち上げることなどが従来よりやりやすくなります。

デメリット
デメリットとしては転勤や異動などの配置換えがやりづらくなるという点があります。ジョブ型雇用は職務を定義した上で、人材を割り当てるため後から想定外の事象が発生した際に柔軟な対応がしにくくなります。
また、他社から良好なオファーがあった場合、人材が流出しやすくなる側面もあります。

ジョブ型雇用のメリット・デメリット(従業員目線)

ジョブ型雇用 従業員目線でのメリット・デメリット

メリット
従業員目線でのジョブ型雇用の最大のメリットは自身の能力・スキルを遺憾なく発揮して、キャリアアップしやすいという点です。職務に対して、人材が割り当てられるためその職務を遂行するスキルがあれば年齢などは不問になります。
従来のメンバーシップ型雇用であれば、ある程度の年功序列型の給与体系であったものが自身のスキルレベルに応じて給与が与えられることは非常に大きなメリットになります。

デメリット
デメリットとしては解雇リスクが高くなるおそれがあるということです。職務に対して、人材が割り当てられることから該当する職務がなくなれば、当然人材の必要性もなくなります。そのため、従来の雇用形態より解雇されるリスクが高くなる側面があります。

ジョブ型雇用を導入している企業

大企業が徐々にジョブ型雇用を採用し始めている背景があり、人材の流動性を高めて、加速する時代の流れについていこうとしている狙いが垣間見えます。
段階的にジョブ型雇用を増やしていく流れがとなっていますが、今後このジョブ型雇用は大きく拡大していくでしょう。

今後求められる人材とは?

今後、市場で求められていく人材としては「T型人材」と呼ばれる人材です。
これらはある領域に対して、専門性を持ちつつ、幅広い領域を理解しながら物事を推進する人材と言えるでしょう。昨今の市場環境は様々なテクノロジーが発展して、1人の人間がすべてを把握することは不可能な環境になっています。そのため、各領域に専門性を持ちつつ、他の領域の技術とコラボレーションしながら、課題解決を進められる人材が求められております。
このような人材こそジョブ型雇用で企業側が雇いたい人材であり、今後の市場環境ではより需要が高い人材になっていることが予想されます。

データサイエンティストがおすすめの理由とは?

データサイエンティストがおすすめな理由としては、「T型人材」でありつつ、あらゆる領域・レイヤーで活躍できる職種であることが最大の理由です。
データサイエンティストは上記で説明した「T型人材」に該当します。データ分析という点に特化しながら、他の領域を理解して課題解決を進めていく職種になります。
加えて、データ分析という専門性はあらゆる領域に対しても通用する非常にカバー領域の広い専門領域です。数字を専門的に扱うデータサイエンティストはどのような業界であっても必要とされる存在です。また、データ分析は現場レベルでも経営レベルでも非常に重視される要素であり、活躍できるレイヤーが縦にも横にも広い職種です。
そのため、自身のスキルを磨くことで最もジョブ型雇用の恩恵を受けやすい職種であるといえるでしょう。

まとめ

  • 昨今の日本ではテクノロジーを活用した事業推進のために「ジョブ型雇用」が進んでいる
  • 「ジョブ型雇用」は専門性を持つ人材にとって優位な仕組み
  • データサイエンティストは「ジョブ型雇用」の恩恵を最大限活用できる職種

コメント

タイトルとURLをコピーしました